老化防止と健康のサプリメント・健康食品おすすめランキング(比較)
★高齢者にも安全な老化防止と健康のサプリメント・健康食品おすすめランキング>DHA・EPA・DPAサプリメントの健康効果

◆DHA・EPA・DPAサプリメントの健康効果について

DHA・EPA・DPAは、血液をサラサラにし、高血圧や動脈硬化症、血栓症などから身を守る働きをしてくれることで知られています。

DHA・EPA・DPAは、ヒトの体内では作ることができないので必須脂肪酸といわれています。

特にこの必須脂肪酸のなかでDHA・EPA・DPAはオメガ3脂肪酸とよばれています。

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、細胞の柔軟性を高める性質があり、老化によっておこる血管の弾力の低下を防ぎ、血管年齢を若くする働きがあるといわれています。

そして脳に直接働きかけることができるため、脳や神経組織の働きを高めて、記憶力や学習能力を向上させる効果があるといわれており、アルツハイマー型認知症の予防には最適な栄養素です。

photo8 また、EPA(エイコサペンタエン酸)は、中性脂肪を低下させたり血栓をできにくくするため、心筋梗塞や脳梗塞などの原因の動脈硬化の予防に作用します。

またアレルギー症状や炎症にも効果があり、感染症を予防したり、精神を安定させるなどの効果もあります。

さらに、EPAは老化による目の健康リスクの軽減にも役立ちます。

今まで動脈硬化の原因の悪玉コレステロール(LDL)を少なくするには、青魚などでEPAを摂ることで善玉コレステロール(HDL)を増やすことが必要だと考えられてきました。

ところが、実際は青魚などのEPAは善玉コレステロール(HDL)が増えなくても悪玉コレステロール(LDL)を減らす効果があることが分かってきました。

それは青魚などのEPAは善玉コレステロール(HDL)のパワーをアップさせ、悪玉コレステロール(LDL)を少なくする効果があったということだそうです。photo10

DPA(ドコサペンタエン酸)は最近注目の栄養素で、イワシやアワビ、サザエなどにわずかに含まれる貴重な成分ですが、血管が損傷を受けた時の修復作用や、血小板凝集抑制作用があります。

また、DPAには血栓をつくらせない効果もあり、善玉(HDL)コレステロールを増やし、悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪を減らす働きもあります。

DPAは海獣と呼ばれるアザラシやマンボウに多く含まれており普段の食事では摂ることができませんので、実際にはサプリメントで摂ることが理想的です。

DHA・EPA・DPAには生活習慣病の予防、炎症やアレルギー症状をやわらげる効果、そしてうつ病やアルツハイマーの改善など健康維持や老化予防(老化防止)に役立つため、大きな期待が寄せられています。

DHA・EPA・DPAは青魚などに豊富に含まれる必須脂肪酸で、一般の家庭でのメニューでは,最近特に少なくなっています。

同時に、魚から摂ることができる身体の成長に必要なカルシウムも不足しがちになっています。

年齢が若い子供世代でも、成人病や生活習慣病が増えてきているのは、これが原因の一つに考えられます。

DHA・EPA・DPAには、お互いを補う効果がありますので、サプリメントではバランスのとれたものを選びたいものです。

おすすめのDHA・EPA・DPAサプリメントは
<<DHA・EPA・DPAサプリメントおすすめランキング(比較)>>
のページをごらんください。

次の「DHA・EPA・DPAサプリメントの美容効果」を読む>>